育毛の画像

経験から考える使い方について

どうも最近髪の毛の抜ける量が増えるということから、ここ1年近く育毛剤を使ってみています。
ただ、やはり体質に合う育毛剤とそうでないものがあるのだけはどうやら間違いがないようで、まずそれをある程度見極める必要があると思いました。
特につかってみて気分がよくないものはやはり使用を中止しています。
つまりどんどんふりかけていくだけではベタベタするだけでどうも効果があがらないということです。
ということから、育毛シャンプーとの組み合わせで使っていくことを思い立ちずっと連携して利用するようにしています。
まず育毛シャンプーで頭皮を中心に徹底して洗い、よくかわかして地肌が乾燥したころを見計らって液剤を振り掛けるという使い方です。
こうしますと気のせいか非常に毛穴への吸収がよくなる感じで、決して産毛がどんどん伸びてくるという感じではありませんが、ある髪の毛の伸びがかなり早くなることが確認できます。
もっとも女性ホルモンがあまり関係ないといわれる頭側部や後頭部の伸びもよくなるので、頭頂部に本当に役に立っているのかは、まだちょっとはっきりわからないでいるところです。
逆に商品によっては朝晩使うようにとなっていますが、朝はあまり使わないようにしています。
かえってぺったりとしてしまい、ボリューム感が損なわれるのと、夜利用しているのに比べるとあまり爽快な感じがしないからです。
また、これは夜やるようにしていますが、自然素材の櫛やブラシを使って、よく髪の毛をとかしてやるようにしています。
これにより適度に頭皮に刺激が与えられ、結果として抜け毛も防いでくれるようです。
これはあくまで個人的な印象ですが、なにか髪の毛に施していて気分がいいと感じるときは比較的効果がでているのではないかと思っています。
したがって不快感を感じるときには使わないようにするのが基本的な使い方と言えます。
たとえば皮脂がでていて髪の毛全体がべとべとしたり汗をかいたりしたときには必ず洗ってから使用するといった工夫をしています。
そんなことの繰り返しをすることにより、多少改善してきているかなと感じるようになりました。
まあさらなる脱毛状態を食い止めているだけなのかもしれませんが、それでも効果が多少でもあると感じる以上、これからも続けていきたいと思っております。
信じるものは救われるかどうかはまだよくわかりませんが、こんな感じが私流の育毛剤の使い方になります。

Copyright(c) 2009 髪の健康サイト All Rights Reserved.