育毛の画像

育毛剤を使い始めた40才頃

薄毛が気になり出したのが40才頃、今から14年前になります。
何となくシャンプーの時や朝起きた時の枕についた毛髪の量。
気になりだすと余計気になります。
親族にも薄毛がいますので、遺伝もある程度は覚悟していたつもりですが、実際にその現象が始まりますと、やはり気にしてネガティブになってしまいます。
会社に行く時、女の子とのデート時は特にです。
まず最初に前頭部の生え際が後退し始めました。
いわゆるM字型です。
昔で言うところの自然剃りこみです。
次には前頭部のてっぺんにきました。
最後は頭頂部のつむじのところです。
その悩み初めから14年が経過しました。
その14年の間には育毛剤の使用や頭皮のマッサージ、食事もオイルを使った食事を控えたりといろいろ試しました。
一時は少し抜け毛が少なくなったなという時期もあったのですが、また抜け始め、もうどうしようもなく、自然に任せるしかないと思い始めました。
確かに20才頃から抜け始める男性諸君もいます。
かわいそうなくらいの抜け方の子もいます。
でもどうしようもないのでしょう。
圧倒的に若ハゲはいやという女の子が多いのは事実です。
でもそんなの気にしないという女の子も大勢います。
なかなか巡り合わないだけです。
チャンスを待ちましょう。
長い目で。
きっと春が来ます。
私はもう54才になり、子供も成長しました。
やはりM字に薄くなっていますし、頭頂部も自分で触ってみたら、ほとんど皮膚だけのような気がしますが、ほとんど気にならなくなってきました。
そんなもんです。
50才を過ぎたら、もう気にしなくなります。
もっと他の悩みも沢山出てきます。
そんなことぐらいで悩んでいられないというのもあります。
代表は病気です。
それも命に関わるような。
そんな病気を抱えてしまったら、薄毛なんて、小さな小さな悩みです。
私は汚い禿げ方をしてきたら丸坊主にしようと思っています。
歌手のMTさんのように。
すっきりしていいじゃないですか。
よくテレビでは100%カツラと分かるタレントも出ていますが、ない方がすっきりしていいじゃないですか。
取ればいいのにと、見るたびに感じます。
若いうちは育毛剤もいいでしょう。
育毛剤も進化していますから、もしかしたら抜け毛を防いで、毛根から生えてくるかも知れません。
いや、そんな商品がもう出ている記憶があります。
人生色々悩みがあります。
気にしていたら、きりがありません。
もっと大きな心で10年後には、完璧なクスリや方法が出来ていると信じて、明るく生きていこうじゃないですか。
iPS細胞の技術もあります。

Copyright(c) 2009 髪の健康サイト All Rights Reserved.