育毛の画像

育毛シャンプーの種類に関して

育毛シャンプーはいろいろな種類が発売されており、その選択でいろいろ悩むため行きつけの薬局で話を聞いてみました。
現在販売されている売れ筋の育毛シャンプーというのはほとんどがアミノ酸シャンプーということで、洗浄力はそこそこにして頭皮に必要な成分だけを残し、さらに毛穴につまった汚れを落とせるような成分が配合されているそうです。
もともと頭皮はタンパク質でできており、これがアミノ酸がもとになっていますので、アミノ酸シャンプーというのは肌への刺激が少なくできているのだそうです。
育毛シャンプーでお勧めなのはやはりこの素材を利用したもので、その代わりに値段のほうも結構高いということです。
一方ネットなどでもまだ継続して売られている比較的値段の安いものが石油系シャンプーです。
これは一般的なシャンプーもそうですが、原材料の安い石油からできており、泡立ちがよく強い洗浄力で根こそぎ汚れを落とすため、頭皮の必要栄養分もなくなりかさかさになるというものです。
実はいくつか使ってまったくこの状態になったことがあります。
また昔からある石鹸系のシャンプーというのもあります。
これも強い洗浄力があり、地肌もさることながら髪の毛が油分を失ってギシギシすることになりますので、相当注意が必要です。
全体としては、脂分がなくなるとその当座はとてもすっきりした気分になるのですが、結局あとで頭皮がかさついたり、髪の毛自体がぱさぱさになったりといろいろな問題が起きてきます。
それでも人によって向き不向きがあるので、保湿剤との組み合わせでリカバリーするので石鹸系がいいという人も結構いるようで、絶対ということはどうやらないようです。
ということで、およそ3つの種類が存在するようですが、一番高いのがアミノ酸系で石鹸系、石油系と続いているそうで、安いものにはぜったいアミノ酸は含まれていないそうなので、まず成分と値段でみると判別できるということです。
とはいえ、アミノ酸系も結局は地肌を整えると言うことが主になっているので、育毛剤や保湿剤とセットで使うことがやはりお勧めのようで、単品だけで完結する商品ということではないようです。
お店には使ってみたけれど効果がないという相談はそうとうあるそうで、みなさんせっかちな方が多いとういことが良くわかりました。
一つアドバイスとしてもらったのは、肌に合わないとおもったら無理せず使用を中止するということです。
これは確かに正しい判断だと思います。

Copyright(c) 2009 髪の健康サイト All Rights Reserved.